ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

映画 『英国王のスピーチ』

早くも今月2度目の映画館@六本木ヒルズ。
シネマイレージカードで溜まったポイントを映画チケットに交換です。

何観ようかなーと、話題のこちらを観ました。
先日、英国のロイヤルウェディングを見たばかりだしネ。
a0002201_21252915.jpg
英国王のスピーチ
コリン・ファース(ジョージ6世)
ジェフリー・ラッシュ(ライオネル・ローグ)
ヘレナ・ボナム=カーター (エリザベス)





(C)2010See-SawFilms Allrightreserved.

ジョージ6世は、現・エリザベス女王の父(って言うまでも無い?)。なので、幼い頃の娘・エリザベスも出てきてます。時代は第二次世界大戦直前の英国。ヒトラーがいる時代です。

内容は、ほぼ王の吃音問題のみ。それがテーマですが、それ以外の人物や時代背景は割りと薄めです。吃音は生まれながらになるものではない、何かきっかけがあるはずだ。その問いかけに、ジョージは幼い頃の出来事を、初めて「平民」であるローグに打ち明けていく。ジョージの兄の出来事も含め、王族で居るのはアタリマエですが忍耐と苦労が必要なようです。

個人的には、超感動、とか、超絶賛、ってほどではありませんでしたが、いい映画でした。
それにしても、英国王室は『ブーリン家の姉妹』とか、『クイーン』とか、映画化してもいいんだ?ってものがあるよなー。
[PR]
by espresso_cafe | 2011-05-05 21:26 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30