ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

早稲田松竹でゴダール二本立て

夏休みをガツンっと取ってないので、ちょいちょい有給取得。そんな先日は、こんな映画を見てみました。
早稲田松竹にて、ジャン=ルック・ゴダールの2本立て。ご存知の方も多いかと思いますが、早稲田松竹は
リクエストがあった映画など少し前の映画が2本立てで大人1300円です。

a0002201_1134333.jpg
『映画史特別編 選ばれた瞬間』
2005年・フランス

映画誕生から映画の未来が描かれてます。選ばれた瞬間、というタイトルだけあって
パッパッと次々に映像が。だいぶ古いモノクロが多かったなぁ。
解説では、1時間20分の劇場公開用作品として35ミリフィルムで完成した作品、だそう。


a0002201_11424454.jpg
『ゴダール・ソシアリスム』
2010年・スイス/フランス
ゴダール最新作です。3つの話に分かれています。
第1楽章 こんな事ども
第2楽章 どこへ行く、ヨーロッパ
第3楽章 われら人類



ナンと言うか全編に渡り、比喩や引用に歴史が出てくるので、私がいかに物を知らないのか
知らないのは仕方ないのか、なんて考えたりして。
この映画に関しては、こちらの方が大変詳しく解説されてるようです。

ゴダール作品って確か『男性・女性』と『10ミニッツ・オールダー』の短編の中の1作品の2作品しか
見てなかったような。

今回の2本立て、どちらも途中で何度か記憶が飛んでます(汗)さすがゴダール・・?
先日の『ツリー・オブ・ライフ』に引き続き、イメージで、感覚で、な映画が続いたな。
[PR]
by espresso_cafe | 2011-08-26 11:38 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31