ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

平日休みのお楽しみその2:大好きな『バグダッド・カフェ』と初見の『Cokking Up Dreams』

さて、美術館に続き映画です。こういうイベントやってたのを見つけて行ってきました。
ごはんを食べるシーンが印象的な映画が上映されてます。
a0002201_1044539.jpg
東京ごはん映画祭
場所   :東京写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス)
会期   :2011/10/8~2011/10/23
上映作品:
『etrip』 『Cokking Up Dreams』
『バグダッド・カフェ』 『あるいてもあるいても』
『かもめ食堂』 『南極料理人』
『クレイマー、クレイマー』 『ディナーラッシュ』  
『秋刀魚の味』 『初恋のきた道』
『トイレット』 『ソウル・キッチン』
『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

個人的に、南極料理人、ディナーラッシュ、ソウル・キッチン、マイ・ブルーベリー・ナイツも見てみたかったけどタイミング合わず。今回はタイトル通りこの2本デス。




a0002201_11355674.jpg
『バグダッド・カフェ』
1987年・ドイツ/アメリカ
舞台はラスベガスのモハーヴェ砂漠のカフェ(モーテルとガソリンスタンド併設)。ドイツのローゼンハイムから旅行にきたジャスミンは夫と大喧嘩して、車を降り、重いスーツケース引きずりながら砂漠の中で見つけた「バグダッド・カフェ」に宿を取る。そこで、いつもカリカリ怒ってる女主人・ブレンダと、客だけど家族のように生活してる人たちとの、最初は距離あるのに、だんだん縮まってくる様子が面白い。

DVD持ってるほど好きな映画。何度見ても良いです。ハッピーな気分になれます。映画は音楽も印象に残りますが、これはなんといってもジェヴェッタ・スティールの「コーリング・ユー」がイイね。


a0002201_1148402.jpg
『Cokking Up Dreams』
2009年・ペルー/ブラジル
トマトや唐辛子、じゃがいもの原産地であるペルー。だけど案外ペルー料理ってすぐに思いつかない。ペルー出身で世界のあちこちに住んでる人たちに故郷ペルー料理について聞いていくドキュメンタリーになるのかな。魚のマリネのセビッチェ、とうもろこしの粉などのドーナツのピカロン、卵白とレモンで割って飲む強いぶどうのお酒のビスコなどなど。ペルーでの活気のある市場やレストランも出てきて、行ったことない私としては、とても興味深かったな。
[PR]
by espresso_cafe | 2011-10-21 10:59 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30