ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

「私が彼を殺した」

雪混じりになるほど寒いってことね、今日は(震

---------------------

またまた本を読み終えました。

a0002201_12514614.jpg 「私が彼を殺した」 東野圭吾・著









あらすじは、
婚約中の男性の自宅に突然現れた1人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。 事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。

推理小説っぽいね。
読んだ方は分かると思いますが、は?で、犯人はダレ?って終わり方なんですよね。小説の最後の一文が刑事の「犯人はあなたです」。そう、ダレって言わずに終わらせる手法(?)で。じっくり読まないと鼻炎薬の錠剤の数が混乱してきます。



駿河直之か神林貴弘か雪笹香織か?はたまた、婚約者だった神林美和子とか?

と、言う事でネットでみなさんの意見を検索。ちなみにこの作品は1999年のものです。結構みなさんなりに推理してる模様です。うーん、やっぱり駿河なのか・・・?

挙式当日に、美和子→雪笹→西口→駿河→ホテルのボーイ→穂高、の順番で鼻炎のピルケースが渡されてます。駿河はここでポケットに一旦しまってから、ボーイに渡してる=すり替えた?って節がやっぱり濃厚かも?

しかし、実の兄妹の関係も微妙だわね(汗。いくら別々に生活してた年月が長かったといっても・・・。
[PR]
by espresso_cafe | 2005-01-26 13:12 | ニッキ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31