ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

『エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画』

そしてまたBSの映画。初見。エリザベス・ハーレーの映画自体見たこと無かったかも?
最近自分の映画備忘録ブログになってるような?

a0002201_1043694.jpg
『エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画』
2002年・ドイツ/アメリカ

ニューヨークに里帰りに来たサラ(エリザベス・ハーレー)は、テキサスの牧場経営してる大富豪の夫・ゴードンから、見知らぬ第三者経由で離婚通達を渡される。その第三者というのは、受け取りたくない通達(駐車違反とか離婚通達など)配達専門の業者で働く男・ジョー(マシュー・ベリー)。どうやらゴードンは浮気相手と結婚したいがために妻・サラと別れようとしてるのだった。



しかし、全く身に覚えがなくワケが分からないサラ。
離婚条件も、テキサスの法律で財産分与無し。アメリカの法律では先に離婚通達を渡した方が有利。だがニューヨークの法律でなら、サラ側から離婚通達を先に夫に渡せば財産は半分もらえると、ジョーは言う。そこでサラは財産分与のうち100万ドルを手数料で渡すから、とジョーを雇い一緒にテキサスに向かうことに。

ここからゴードンに通達を渡すドタバタがスタート。

ジョーの同僚は5000ドルもの仕事を取られて面白くない&ボスからもサラに早く通達を渡せ、ゴードンを通達期限まで逃げさせろ、ということでジョーにあれやこれやと邪魔をする。
しかし、ジョーの方も邪魔されてると分かり、あれやこれやと同僚の邪魔をする。そんなドタバタをしてるうちにサラとジョーはお互い好きになっていく。

ついにゴードンを追い詰めたジョー。同僚とゴードンの強面の用心棒に邪魔されずに渡すことが出来るか---?!

正直期待しないで見てたせいか、軽~く楽しめました。通達は、別に追っかけまわさなくても実は郵便でOKだとか、そんなことは抜きにして見た方が楽しめるかと思います。だって、他の場面だって「ありえねぇー!」って行動ばかりだし(笑)
マシュー・ベリーは『フレンズ』のチャンドラー役で有名ですが、このドラマは見たことなく・・。
エリザベス・ハーレーは最近あまり映画に出てないようですが、プロデューサー業に忙しいようです。彼女、13年もヒュー・グラントと付き合ってた事あるのかぁ。
[PR]
by espresso_cafe | 2009-01-22 10:51 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー