ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

『シリアナ』

BS2での映画。・・つか、どんだけ映画な日々なんだ@自分(汗)

a0002201_11304037.jpg
『シリアナ』
2005年・アメリカ

えーと、えーと、、、ジョージ・クルーニーとは一瞬分からないほどメタボなヒゲ面だったのと、久しぶりにマット・デイモンが見られて良かったデス。そして難しい内容デシタ(以上)。



・・・・・・。


って、これだけだと備忘録にもならないので、もうちょっとだけ(汗)



内容はウィキなどにも載ってますが、イラン、イラク、シリア辺りの石油原産国の中東と、その石油の利権を狙うアメリカ、中国との陰謀です。

・テヘラン在住のアメリカCIA謀報部員役のクルーニー
(CIAからナシール王子を暗殺するよう命令が下る)

・スイス在住でメディアでもコメントしてる石油エネルギーアナリスト役のディモン
(中東国王のパーティに一家で呼ばれたが、子供がプールで感電死(事故)してしまい、そのお詫びで多額の賠償金と国王の跡継ぎ候補の長男・ナシール王子(アメリカ支配から離れたい派)の元で働くことになる)

・アメリカの石油会社2社の合併話を成功させて、一気にキャリアアップを狙っている弁護士役のジェフリー・ライト(王に近づき、アメリカ寄りな次男・メシャル王子を跡継ぎにさせようと目論む)

・アラブの石油精製所で働くパキスタン人の男の子2人は、突然解雇を言われ路頭に迷ってた所にイスラム人の聖職者と出会う。彼は優しい口調でモスクで共に祈りをと誘うが、実は過激派。ある計画を過激派じゃなく何も知らない彼らにやらせようとする。

と、こんなのがあれやこれやと複雑に絡み合いつつストーリーが進んでいきます。で、何が言いたいのかは、何となくさら~っと、ごちゃ~っと、もや~っと、させてたような??フィクションだけどノンフィクションっぽく、だからアメリカは中東国に嫌われるんじゃないか?と思った映画でした。いろいろ間違ってる部分があったらご指摘下さい。かなり自信無いので(汗)
[PR]
by espresso_cafe | 2009-02-25 22:30 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31