ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

『スクール・オブ・ロック』

BS2でやってた映画。初見デス。レンタルするほどでも無いかな~と思ってたので良かった(笑)

a0002201_11135032.jpg
『スクール・オブ・ロック』
2003年・アメリカ

まだメジャーじゃないロックバンドのギタリスト・デューイは、ロックに人生をかけてて、全身全霊で演奏していた。そのはちゃめちゃな態度が行き過ぎて、バンド仲間からクビにされる。



音楽の道を諦めて学校の臨時教員として勤めてる友人・ネッドの家で居候してるデューイだが、ネッドとその彼女から滞納してる家賃を払って欲しい、じゃなきゃ出てって欲しいと言われ、いよいよ困ったデューイ。

そんなとき、ネッドたちが仕事に出掛けてて留守の時に、たまたま取った電話がネッド宛ての代用教員の採用の電話。デューイはお金ほしさにネッドに成りすまして話を受けてしまう。その学校は年間1万5000ドルも払うような名門私立小学校だった。

もちろん授業なんか教えることが出来ないデューイは、生徒達には「休憩してなさい」と。だが、勉強勉強だけで厳しく育てられてる子供たちの覇気の無さに気付き、ロックを教えよう!と思い立つ。初めは「???」だった生徒も「他校との演奏大会を目指すぞ。それは成績にも関係ある」とテキトーな事をいって、ロックバンドを組む。演奏する子、歌う子、警備の子、衣装の子、マネージャーの子、照明の子、などそれぞれ役割分担をさせてると、子供達は大会に向けてだんだん目を輝かせていく----。

学校の校長先生が女性でジョーン・キューザック(ジョン・キューザックの姉)だったんですが、ちょっと物足りなかったかなー。もっと、ものすごく冷たーーくヤな人間から変わってって欲しかったかも(笑)
デューイ役のジャック・ブラックはこの映画で初めて見ましたが、まさにハマり役ですな。子供達が演奏上手いなーと思ったら、ホントにミュージシャンらしい(!)。話がトントン進みすぎ感はありましたが、笑える楽しい映画でした。
[PR]
by espresso_cafe | 2009-04-14 11:38 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30