ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『午前十時の映画祭』 5本目

土曜は出かけられなかったので、日曜は出かけるぞと思ったときに限って雨とか・・。
てか、この映画祭を見に来ると割りと高確率で雨なのよねー。まぁ仕方ないか。

さて、映画祭での映画も5本目になりました。
相変わらず週末の映画館はほぼ満席です@六本木ヒルズ。

a0002201_11415638.jpg
『薔薇の名前』
1986年・フランス/イタリア/西ドイツ
ショーン・コネリー
クリスチャン・スレーター

初見でした。
何故見てみようかと思ったかと言うと、最近文庫で『聖灰の暗号』(帚木蓬生作)を読んで、その後テレビでは『ダヴィンチ・コード』を見て、そしてこの映画の内容を見たらまたまたその辺の時代の宗教に係る映画で、何か縁か?と思ったのでね。

舞台は1327年代の北イタリアの修道院。ウィリアム(ショーン・コネリー)と弟子のアドソ(クリスチャン・スレーター)はとある大事な会議のために修道院にやってきた。2人が与えられた部屋からウィルアムが窓の外を見ると、地面でカラスがやけに鳴いている。そこはまだ新しい墓のようだ。修道院の修道士に尋ねると、若い挿絵師の修道士が最近塔から転落死したのだと。その死に方がどうもおかしいと、解明を頼まれる。そのさなかで別のギリシア翻訳をしてる修道士が水死する。死んだ2人はいずれも黒インクが指と舌についていた。

そのさなか、異端審問官ベルナール・ギーが修道院に会議にやってくる。この重要な会議というのは、「キリストの財産はだれのものか」という教皇派とフランチェスコ修道会の争いの件であった。だが会議は言い争いだけで終わる。そしてまた1人の修道士が突然苦しみ死んでしまう。3人目の死者が出たのだった----。

終始薄暗く、どよよんとした音楽、埃まみれの貧しい村民、1人の貧しい村民女性を除いてみな男性、ちょっと同性愛入ってる?的な雰囲気、と全体的に暗めな雰囲気で進んでいきますが、なかなか見ごたえありました。なんといっても異端者サルヴァトーレ役のロン・バールマンの演技がよかったです。特殊メイクはギョッとする感じですが。ただもう1度映画館で見るかと言うと、たぶんもういいかな?

さて次はなに見るか。
[PR]
by espresso_cafe | 2010-05-24 11:51 | 『午前十時の映画祭』

『トゥルー・クライム』

a0002201_10121566.jpg昨夜やってたBS2での映画。今週はクリント・イーストウッド特集みたい。これは初見です。


『トゥルー・クライム』
1999年・アメリカ
クリント・イーストウッド
イザイア・ワシントン

この↑イザイア・ワシントンが出てるとは知らずに見始めた私。
今は降板しちゃったけど『グレイズ・アナトミー』のバーク先生です。
お、バーク先生だ!ってことでグッと楽しめました。


さて、あらすじ。
エヴェレット(クリント・イーストウッド)が女好き酒好き家庭崩壊寸前なだらしない新聞記者、フランク(イザイア・ワシントン)は6年前に白人19歳妊婦のコンビニ店員を銃殺した刑で、あと数時間で死刑囚の身。エヴェレットが前夜バーで一緒に飲んでた同僚女性記者ミシェルが帰りに自動車事故で亡くなる。彼女はフランクの取材を長年していた。後釜としてエヴェレットが取材することに。取材するうちに、彼は無罪じゃないかと疑い始める----。

人種差別による冤罪がメインでしょうか。エヴェレットの長年の「鼻」が効いて話しが進んでいきますが、刻々と迫る死刑執行の時間。「24」のごとく最後までハラハラさせられる映画ですが、なかなか良かったです。ただ、クリント・イーストウッドの年齢であの娘じゃ、孫だろー?って突っ込みは入れたくなりましたが。
[PR]
by espresso_cafe | 2010-05-12 10:10 | 映画イロイロ

『午前十時の映画祭』 4本目

GWも終わり、祭日が7月まで・・無い??(何をいまさら?)
さて、GW中に見た『午前十時の映画祭』の4本目がコレです。相変わらず六本木ヒルズは満席でした。

a0002201_2201379.jpg
『太陽がいっぱい』
1960年・フランス/イタリア
アラン・ドロン
マリー・ラフォレ

これまた言わずと知れた名作ですね。私はマット・デイモンの『リプリー』のイメージばかりで、この原作はテレビで見たのがあまりに昔で、逆に新鮮に見ました。

てかねー、アラン・ドロンが美形過ぎて内容そっちのけになりそうに。こんなカッコヨカッタでしたっけ?こんなデカイスクリーンでカメラ接近でも見ごたえのある容姿でしたっけ?ってくらい。背が高く、足がながーーく、腹筋が割れてて、腕の筋肉もほどよく、ブルーの瞳、、これ以上何が要る?って感じですね。

もちろん映画自体も満喫しました。衝撃的な最後、分かっていながら「あぁぁ(汗」と思いつつ見てました。トムはこの「太陽がいっぱいだ」な景色を次拝めるのはいつだったんだろうか?とか。

さ、次は何を見ようかな?
[PR]
by espresso_cafe | 2010-05-10 22:00 | 『午前十時の映画祭』
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31