ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初回特典DVD『オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン』

映画館で観てからDVD発売になるの楽しみにしてました。
DVDって買うことはほとんど無いんですが、珍しくこれは買おう!と決めてたのです。
a0002201_17191592.jpg
『オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン』ブルーレイ&DVD
2012/1/25リリースしましたヨ。
公式サイトはコチラ(音が出ます)です。

a0002201_17271868.jpg
タイトルはこんな感じで、

a0002201_17282196.jpg
箱から出すとこんな感じです。
初回限定版は、
ブルーレイ1枚、DVD1枚、CD2枚、簡易冊子1冊です。
まだ中は観てなく、置いてニヤニヤ眺めてます。
部屋のTVは30インチも無いサイズなので、どんな風に観られるやら・・
[PR]
by espresso_cafe | 2012-01-30 22:46 | DVDイロイロ

すべり込みで『ゴヤ展』

確か10月頃に前売り買って、お財布の中にチケット入れてたまま危うく会期過ぎるとこでした。

a0002201_10321641.jpg
『プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影』国立西洋美術館
2011/10/22~2012/1/29
”鋭い洞察力と批判精神に基づく作品で、近代絵画の先駆者とも呼ばれる巨匠フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)。その比類なきコレクションで知られる国立プラド美術館の全面的な協力を得て、日本では40年ぶりとなる本格的な「ゴヤ展」を開催します。プラド美術館から出品される傑作«着衣のマハ»を含む25点と、素描40点、版画6点、資料(書簡)1点に、国立西洋美術館などが所蔵する版画51点を加えた計123点で、激動の時代をたくましく生き抜いたゴヤの独創的な芸術世界を紹介します。”(以上美術展サイトより)

40年ぶりとか、そんなにやってなかったのかー。

宮廷画家としての王族や貴族などの華やかな世界の人たちの肖像画や、スペインがナポレオン軍に侵略された戦乱の時代の庶民の悲惨な姿の素描、聖職者たちの堕落した姿を風刺したものなど、見てて飽きない展示でした。今回、「裸のマハ」は展示されてなく「着衣のマハ」だけでした。見比べたかったのでポストカードを両方買ってみたり。

もう一度、映画『宮廷画家ゴヤは見た』を見たくなった展示でした。
映画は結構ずっしり重いけどね、いい映画だと思います。
[PR]
by espresso_cafe | 2012-01-29 23:34 | 美術館とか

今年初・映画鑑賞 「卵」「ミルク」「蜂蜜」@早稲田松竹

2012年も10日過ぎてますが(汗)、今年ものんびりとブログ書いていけたらと思ってます。
こんなマイペースなブログですが、よろしければたまに来て読んでいただけるとうれしいです。

さて、久しぶりに映画館で映画が見たくなり、3連休中に早稲田松竹で三本立て行ってきました。

a0002201_12435344.jpg
【 トルコ出身セミフ・カプランオール監督作品 】
「卵」 2007年・トルコ/ギリシャ
「ミルク」 2008年・トルコ/フランス/ドイツ
「蜂蜜」 2010年・トルコ/ドイツ

いずれもユスフという男性が主人公。
「卵」では古本屋を営む大人の、「ミルク」では高校卒業した青年の、「蜂蜜」では小学生の少年。


どれも、自然やシンプルな暮らしがとても興味深く。なんか今の自分の生活はモノがあふれ過ぎてるな・・
と思ってしまったり。以下、簡単な内容です。

「卵」
母親が亡くなったと連絡を受けたユスフが何年かぶりに帰郷。
実家には5年間母親の面倒を見てたという、亡くなった叔父のアイラという女の子が待っていた。
2人の言葉少なく、着かず離れず過ごす様子、ユスフの故郷と母親への想いがいい感じ。

「ミルク」
母親と手作りの乳製品、牛乳を売って細々と生活してるユスフ。
本当は詩を作るのが好きで、雑誌に何度も投稿してるがなかなか採用されない。
そんな中、母親が町でバイクのタイヤの空気が抜けて空気入れを借りたのをきっかけに、
駅長と親しくなる。家から駅長の車に乗ってでかける母親を目にしてしまったユスフは激しく動揺。
だが、それを母親もユスフも口にしない。この先どうなるのか・・?

「蜂蜜」
養蜂業の父親と母親の3人で山深いところで暮らすユスフ。父親の手伝いをしながら、学校に通っていた。
ある年、いつも仕掛けてる巣箱に蜂がいなくなり、他を探しに行くと言う父親にユスフが「ぼくも行く」というが、
「誰が家を守るんだ?」との言葉に思いとどまる。父親は何日経っても帰ってこず、次第に母親も不安に
なるが、ユスフには心配かけまいといつも通りふるまう。ユスフも苦手なミルクを頑張って飲み干して
母親を励ます。

・・やはり3本見るのがいいと思います。できればこの順番がヨサゲ。
ミニシアター系ならではの、見た人がいろいろ考え、想像する作品3本。こういうの大好きです。

今年もいろいろな作品に出会えるといいなー。
[PR]
by espresso_cafe | 2012-01-09 23:50 | 映画イロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31