ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

『午前十時の映画祭』 9本目

最近個人的にちょこちょこいろいろな今日この頃ですが、久々見てみたい映画がやって、少し気分転換になりました。

今回もプレミアスクリーンでの上映@六本木ヒルズ。座席広めでリクライニングできる上にお値段そのままの1000円なのは良いんですが、なんせ座席数が少ないから、ネットで発売5~6分後にはSoldOutでした。2回上映だったらねぇ。

a0002201_10392179.jpg
『ベン・ハー』
1959年・アメリカ

今回はコレでした。初見です。222分の長編です。映画館でインターミッションを経験するのは初めてでした。

内容は、紀元前のキリストが誕生した頃の話で、舞台はローマ帝国に支配されてた頃のエルサレム。ローマ対ユダヤの対立?も描かれてます。ユダヤの豪族の息子・ジュダ・ベン・ハーと、ローマ軍の将校になった幼馴染のメッサーラ。ひょんな事からハー家に無実の罪を負わせることとなったメッサーラ。ジュダは罪人としてガレー船(奴隷船)に漕ぎ手として送られる。母と姉は牢屋へ投獄。

ある日ジュダはガレー船で敵船との戦いで海に落ちたアリアス司令官を助け、その縁でローマでアリアスの養子となる。だが、母と妹の身が気になり、エルサレムへ戻る。家では、ハー家の財産を守りつつ帰りを待ってたサイモニデスと娘のエスターが。エスターは戻ったにジュダに彼女たち(母と妹)は牢獄で死んだと、告げる。

映画の最初はイエス・キリストが生まれたところから(牛が居たから牛小屋?)、最後は十字架にかけられるところがさりげなく描かれてます。個人的にはインターミッションまでが見ごたえがありました。馬の競技の場面はやはりスクリーンで見た方がヨサゲです。迫力あります。
[PR]
by espresso_cafe | 2010-09-06 10:34 | 『午前十時の映画祭』
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30