人気ブログランキング |

ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

DVD 『宮廷画家ゴヤは見た』

好きだけど見ごたえある重さ、ミロス・フォアマン監督作品。

a0002201_1222431.jpg
『宮廷画家ゴヤは見た』
2006年・スペイン/アメリカ

舞台は1792年スペインのマドリッド。宮廷画家のゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は2枚の肖像画を描いていた。1枚は裕福な商人の娘・イネス(ナタリー・ポートマン)、もう1枚はロレンゾ神父(ハビエル・バルデム)。



ある日、イネスは豚肉を食べなかったのはユダヤ教だからだ、と理不尽な異端審問をかけられて投獄される。
ゴヤはロレンゾ神父に何とか彼女に救いをと頼む。イネスの家族の食事会にも神父を誘い、父親からも娘を助けてほしいと無茶な方法で頼み込む。しかし神父にそこまでの決定権はない。だがイネスに会いには行った。すると彼女に惹かれてしまい、抱きしめてしまう。

そして15年の歳月が流れる。その間にフランス革命やら独立戦争やらが起こる動乱の時代。民衆も翻弄される。やがて異端審問で投獄されてたものが開放される。やつれ切って、精神的にもぼろぼろになったイネスも外の世界に。ゴヤに再会する----


もう、まさにミロス・フォアマンの世界満載。重くて一度見るとしばらく見なくていいやと思える世界。でもいつまでも『カッコーの巣の上で』みたく記憶に残りそうな作品。
なんといってもナタリー・ポートマンの演技がすごい。彼女はなんでも演じちゃうね。

a0002201_12513620.jpg


ハビエル、いまだに私のイメージは『夜になる前に』。最近のハビエルしか見たことない方、一度見てみても良いかも?(痩せてる・・)
by espresso_cafe | 2011-02-25 12:28 | DVDイロイロ
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30