ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」


結構数ヶ月ぶり?にレンタルDVD鑑賞。

a0002201_11575699.jpgイブラヒムおじさんとコーランの花たち」2003年・フランス

こういうタイプの映画、好きだわ。

舞台は1960年代のフランス。パリの裏町・移民街のブルー通り。
父と2人暮らしのユダヤ人の男の子・モモと、向かいの小さな食料品店を営むトルコ移民のイブラヒムのおハナシ。



モモは、家事を任されてて、向かいの食料品店にも毎日通っていた。お金を払って買うものと、ポケットに忍ばせるものと。そんなのはイブラヒムにはとっくにばれてて、「やるならココの店でだけにしなさい。」と。それと、モモと父がアラブ人だと思ってたイブラヒムは、トルコ人だったとわかる。

ブルー通りは、娼婦も多い。日々眺めてるモモは、貯金をはたいて初めて体験する。16歳はオトナとみなされOKだったようだ。しかし、ホントは13歳の設定?

ある日、父が解雇を理由に家出し自殺。ひとりぼっちのモモ。父の書籍を売りに売って、娼婦へとつぎ込む。実母が父の死を機に迎えにくるが、「居ない」と言い、そのまま追い返してしまう。しかし、寂しいモモ。イブラヒムに父になって欲しいとお願いする。快諾するイブラヒム。彼も孤独だったのだ。そして2人はイブラヒムの故郷へ旅をする・・。

---------パリといっても、華やかじゃない裏通りでの生活の様子や、イスラムとユダヤ、裏通りでのちょっとした差別。イブラヒムが言う「教えは全てコーランに」の内容が出てこなかったのは残念だったけど、こういうセピア色っぽい、かすんだ色合い(?)の映画、個人的には良かったです。
[PR]
by espresso_cafe | 2005-11-21 12:25 | DVDイロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30