ナニゲナイ ニッキ

byod.exblog.jp ブログトップ

「チェブラーシカ」

映画では初めて見ました。ワニのゲーナが良いワ。

a0002201_1021656.jpg
「チェブラーシカ」
ロシア・1969-1983年

「チェブラーシカ」とは「ばったり倒れ屋さん」って意味だそう。



ジャングルに居た小熊のような小さい彼。お腹が空いたなぁと思いながら歩いてると、オレンジの箱があったので箱の中でオレンジを食べていたら、ふたが閉まってどこかへ運ばれてしまう。果物屋で箱をあけた主人がびっくり。正体不明の彼が。お腹いっぱいで、足がしびれてちゃんと座れないので、「チェブラーシカ(ばったり倒れ屋さん)だ」と名付けられる。

果物屋の主人は、動物園に引き取ってもらおうとするが、「正体不明で引取れない」と断られてしまう。だが、他の店の主人に「お客を引き寄せるために、私が引取るよ。住まいは、店の前の電話ボックスでどうだい?」と。

ある日、電話ボックスにワニのゲーナが「友達募集」の張り紙を。そのワニは、昼間はワニとして動物園で働いて(?)いる。だけど家に帰ると1人寂しく過ごしていたのだ。それを見たチェブラーシカは早速ゲーナの家に。これをきっかけに一番の親友となる。

ちなみにゲーナは50歳。アコーディオンと歌が得意な紳士なワニ。もう1人、いたずら大好きなシャパクリャクおばあさんが街にいる。シャパクリャクおばあさんは、昔はアメリカでスパイしてたそうだが、「バットマンの自動車のタイヤをパンクさせ、バックス・バニーのにんじんに農薬をかけてだめにし、ミッキー・マウスのしっぽに空き缶をゆわえつけた」のでアメリカに入国できないらしい。

3編+オマケが入ったDVD。ちゃんとストーリーになってて、最後はほのぼのする終わり方になってます。くすんだ色に、ゲーナの歌とアコーディオンがピッタリだね。
[PR]
by espresso_cafe | 2006-06-28 10:43 | DVDイロイロ
line

超・マッタリ更新。


by tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30